別荘の魅力

別荘は、高度経済成長の時から土地の価格が上がり続けていたため、その後も上がり続けると予測されていました。バブルの頃になるとさらに避暑地の土地が値上がりし始め、投資家が一斉に土地を買って別荘を始めました。ところが、バブルが崩壊すると土地の価格も下がり投資家が売り始めました。 それからと言うもの別荘は購買層である20代から40代にかけての層が買わないため、空き別荘は余っているところも多いのです。 これから別荘を購入する場合は投資目的ではなく、実用的な使い方をする人向けにあると言っていいかもしれません。 例えば、会社を退職したある程度お金のある老夫婦が年に何度か泊まりに来るために購入するというのであれば十分価値は見出せるはずです。

別荘を購入するにあたり注意をするべき点は何でしょうか。まず、管理費の問題です。別荘は、毎月利用しているなら良いのですが、数ヶ月に一度程度しか利用しない場合、老築化してしまう恐れがあります。そこで、定期的に窓を開けて空気を入れ替えるか、管理専門の業者に任せるしかありません。管理専門の会社なら、年契約で数万円で管理をしてくれます。 また、購入に伴い、固定資産税がかかりますので、その点についてめ注意が必要になります。この二点をよく調べずに購入すると、やがて手放さなければならないことになります。 別荘を利用したいけども年に7日程度の利用であれば、貸し別荘を利用するという方法もあります。一泊1万円強で泊まる事も可能です。